Apple Watch衝撃吸収保護フィルム

AppleWatch42mm用の衝撃吸収フィルムを購入しました!

PROTECTION

 

 

 

 

 

 

本体から遅れること4日間。
やっと、画面の保護シートが到着しました!

 

 

AppleWatch Sportモデルは、画面が粉々に砕け散る動画がYoutubeに流れているため、なんとしても保護シートが欲しかったのです。

 

後で購入したほうが品質がいいものが買えることは分かっているのですが、それまでの間、無防備な状態で使うなんてありえない!そう思って購入したのがこちらです(トレンドウォッチ社から購入しました)。

 

MEISAI

 

送料込みで2,500円もしたけど、許容範囲です。

 

 

Sponsored Link

 

 

イソイソとAppleWatchの表面を自前のクロスで磨きあげて、さっそく保護シートのパッケージを開封します!

PROTECTION1

 

 

 

あれ?クロスは付属されてました(笑)
そして説明(英語)にも一切書かれていない青いシートは何でしょう?

PROTECTION2

 

 

 

青いシートは気にせず、説明されたとおりに貼り付けます。
最初に液晶面側の仮シート①を半分だけはがしながら、空気をうまく抜きながら全体まで貼り付けるのがポイントです(と書かれていました)。

 

空気の泡を端に追い出しながら、何とか貼り付けられました!

 

PROTECTION3

 

 

反対側の仮シート②をゆっくりはがして…ついに完成!

 

 

Sponsored Link

 

 

と思ったら、あれ?あれ?なんで??

 

サイズが全くあってないじゃん!

 

 

どーかんがえても42mm本体より大きい。
曲面を無視して42mmのサイズで作られたシートだ、これ ( 一一)

 

 

保護シートの4辺がペローンと浮いてます(^^;)
なんだろう、このシートの存在意義?

 

 

 

まっ、ハサミで切って使えばいっか♪
と思いなおして、チョキチョキしてみて気づきました。

 

 

 

全体の1/4くらいは(両側合計して)曲面じゃん!

 

強引にカットしてみたものの、こんな保護シート意味ないよね?
というか、一度貼り付けてからカットしたから粘着落ちてうまく貼りつかない…

 

 

 

 

というわけで、開封後10分で破棄しました!(笑)

 

 

 

 

評判がいいものが出るまでは「保護フィルムなし」で過ごすことになりました(完)

 

 

 

みなさまもバッタものにはお気を付けください。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

初期設定のやり方
AppleWatchの初期設定の方法をお伝えします!
最新の販売動向
AppleWatchの最新情報(販売動向)をお伝えします!
予約方法と試着・販売店
AppleWatchの予約・試着・販売店の最新情報をお届けします!
Apple Watch販売価格
AppleWatchの価格について、発売されている全モデルを簡単にまとめました!