AppleWatchが郵送されてきたので初期設定した

ついに到着しました!AppleWatchを郵送で注文した場合の、内容物一覧はこれ!

PACKAGE

 

 

 

 

 

 

前日夕方にAppleからSMSで「出荷しました」という連絡があり、夜にクロネコの配達状況を確認したところ…羽田の物流センターに置かれていました。

 

「都内なので翌日には届くかも?」と期待を膨らませていたところ、なんと午前10時に到着(^^♪

 

 

クロネコから受け取ったものが上の写真です。
細長いカステラの箱くらいの大きさ(箱詰めワインよりは細い)。

 

 

クロネコの段ボールをめくると出てくるのがこれ

BOXINTHEBOX

 

 

 

印刷ではなくエンボス加工してあり高級感いっぱいのロゴが見えます。

 

段ボールを完全に外してしまいましょう。
側面と上部はこんな感じです。

BOXTOP

 

 

下部には注意事項が書かれていますが、読み流しました(^^;)

BOXBOTTOM

 

 

 

 

そして蓋をあけてみると…

1STLOOK

 

 

AppleWatch本体が入ってそうなケースが見えます。

 

 

 

このケースを外してみたら

2NDLOOK

 

 

 

何やら薄い紙の束が入ってます。
これも外してみましょう。すると

3RDLOOK

 

 

見えました!充電ケーブルとACプラグです。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

さて、最初に取り出した「AppleWatch本体が入ってそうなケース」ですが
このようなテープでロックされています。

4THLOOK

 

 

 

出っ張ったところを引っ張ると、反対側までスムーズに開きます。

5THLOOK

 

 

 

これで外側のフィルムは簡単に外せるので、
蓋をあければ本体が見えます。

7THLOOK

 

 

 

 

 

そしてこの本体が収納されていた蓋(上蓋)なのですが
裏面がいい感じの材質とデザインです。

6THLOOK

 

 

 

私は、この蓋をAppleWatchの充電場所として使っています。

CHARGING

 

 

(元々がケースなので)長さもちょうどぴったりですし
充電ケーブルをつけても、かなり安定します。

 

 

 

 

 

 

 

さて、本体以外には何が入っているのでしょう?

 

まず最初に「薄い紙の束」だと思っていたものを、並べてみました。

SPECIFICATIONS

 

 

正体は

 

  • 予備バンド(S/Mサイズ ※郵送時に本体についていたのがL/Mサイズ)
  • 予備バンドを覆っていた紙
  • 取扱マニュアル(というか絵が書いてあるだけです)

 

 

でした。

 

 

予備バンドは最初からセットされていたLサイズで問題ないので、そのまま保管します。

 

 

 

 

 

次に、充電セットを見ていきましょう。

CHARGINGSET

 

 

ACプラグと充電ケーブルはこんな感じです。
ACPLUG
CHARGINGCABLE

 

 

 

 

 

さて、同封されているものは全て確認したので
改めて本体の確認です。

 

まだ電源を入れる前の未使用AppleWatch Sportの表と裏がこちら。

FIRSTFACE

 

FIRSTBACK

 

 

 

 

AppleStoreに試着に行ったときにも思ったのですが、

 

AppleWatchシリーズの中で一番見た目が美しいのはSportのシルバー

 

だと私は思います。(完全に私見です(^^;))

 

 

昔ながらのAppleらしい配色の美しさを手に取ってながめてみて(元々は違うモデルを購入しようとしていたのですが(笑))やっぱりこっちでよかったかも、という気分になれるほど「とてもしっくり」きました。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

さて、先ほどの蓋の上に本体を乗せて

BEFORECHARGE

 

 

その上に充電ケーブルを載せます

STARTCHARGING

 

 

 

マグネットで正しい位置に自動的に誘導されるのは、MacbookのMagsafe充電ケーブルと同じ考え方です。これ、本当に便利ですよね。

STARTEDCHARGING

 

 

 

 

 

初期設定はとっても簡単

 

 

さて、いよいよ初期設定です!

 

使う言語を設定しましょう

 

充電を始めたら勝手に起動しました(確か…ボタン押してなかったはずです)

LANGUAGESELECTION

画面で日本語をタップします。

 

 

LANGUAGESELECTION2

問題ないのでチェックマークをタップ。

 

 

LANGUAGESELECTION3

言語設定が終わるまで待ちましょう。

 

 

 

 

iPhoneとペアリング(通信設定)しましょう

 

 

次にお持ちのiPhoneとのペアリング設定の画面になります。

PARING1

 

 

開始をタップすると

PARING2

 

ビッグバンのシミュレーションのような動画が見えますが、AppleWatchはこのままにしておいて、iPhone側でも操作をしましょう。

 

 

iPhoneのApple Watchアプリを起動します

PARING3

 

 

 

「ペアリングを開始」をタップすると、AppleWatchの画面を(2次元バーコードリーダーのように)読み込む画面が現れます。

PARING4

 

 

正しく、枠内にAppleWatchの画面をおさめれば

PARING5

 

 

ペアリング完了です!

 

 

 

AppleWatch利用設定

 

 

iPhoneとのペアリング設定が終わったら、続けてAppleWatchの設定も行いましょう。

 

まずは装着する腕を選択します。(私は「左」で設定しました)

INITIALIZATION1

 

 

続けて利用規約の確認です。確認して問題なければ「同意する」をタップしましょう。

INITIALIZATION2

 

 

 

iPhoneユーザであればAppleIDは登録済みだと思いますので、同じIDとPasswordを入力しましょう(IDはiPhoneで設定されているものが、そのまま表示されるはずです)

INITIALIZATION3

 

 

 

ここまで設定を進めて、ふとAppleWatchを見てみると…
攻殻機動隊で見たことあるような表示に変わっています!

INITIALIZATION4

 

 

 

眺めているだけでもかなり綺麗なのですが、まだ設定が終わってないためiPhoneに戻ります(^^;)

 

 

 

続けて位置情報の利用についての確認(OKをタップして次へ)

INITIALIZATION5

 

 

 

Siriの利用についての確認(OKをタップして次へ)

INITIALIZATION6

 

 

 

診断情報の自動送信の設定(私は電力消費を抑えるために拒否にしました)

INITIALIZATION7

 

 

 

パスワードの設定(「設定しない」という選択も出来るのですが、個人的には紛失時のことを考えて設定されたほうがいいと思います)

INITIALIZATION8

 

 

「パスワードの作成」をタップすると、実際のパスワードはAppleWatchで入力します

INITIALIZATION9

 

 

 

パスワードの設定が終わると、次は「iPhoneでAppleWatchのロック解除」をするかどうかの設定をします。これはiPhone側でロック解除すると、AppleWatch側でも同時にロック解除されるという便利機能です。

INITIALIZATION10

 

 

特に指紋認証を使っているiPhoneユーザには、小さなAppleWatchの画面で数字入力をする手間を省くことができる方法です。

 

 

この設定が終わると、AppleWatchはまた
あの画面に戻ります。

INITIALIZATION11

 

 

 

 

AppleWatchアプリのインストール

 

 

最後に、AppleWatch上で動作するアプリのインストールを行います。

INSTALLATION1

 

 

私は面倒だったので「すべてをインストール」を選んでしまいましたが
個別に設定することも出来るようです。

 

 

 

「すべてをインストール」をタップするとiPhoneはこの画面になります

INSTALLATION2

 

そしてAppleWatch側はこのような画面になります

INSTALLATION3

 

 

 

私は「すべてをインストール」を選んだからだと思いますが、この作業はかなり時間がかかります。トイレに行ったり、洗濯物を畳んだり(?)、外出の支度を整えたり、という作業が出来ると思います。

 

 

インストールが終了すると、この画面が表示されます。

INSTALLATION4

 

 

 

 

 

いよいよAppleWatchが初回起動します!

 

上記の一連の設定を終えると…ついにAppleWatchが起動します!

 

 

これが感動(?)の初回起動画面!!

INSTALLATION5

 

 

  • 購入前に試着にいった時に感じたとおり、ディスプレイが本当にきれいです
  • iPhone側の設定を引き継いでいるので、最初から正しい時刻が表示されます(時計というジャンルでは初めての体験)

 

 

 

さて、さっそく操作を…と思ったら、ちょくちょく自動でロックがかかります(^^;)
これはかなりめんどくさい。

INSTALLATION6

 

 

手首に装着したままにしているとロックがかからない(手首から外しているとすぐにロックがかかる)という噂をネットで見た気がするので、試してみたところ…

 

まさにその通り!

 

 

 

 

画面「強め押し」で待ち受け画面(時計)が変更できます。
直感的にわかりやすいアナログ表示で、表示してほしい「日付・曜日」「気温・天気」「バッテリー残量」「日没時刻 ※街では不要ですよね(^^;)」
に変更して、秒針の色を緑に変更したのがこちら。

INSTALLATION7

 

※写真撮影のために手首から外しました

 

 

 

まだ初日なので、時計表示はいろいろなタイプを試していきたいと思います!
(現時点では以下の設定にしています)

INSTALLATION8

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

保護フィルム到着…
AppleWatchに保護フィルムつけてみました!が…
最新の販売動向
AppleWatchの最新情報(販売動向)をお伝えします!
予約方法と試着・販売店
AppleWatchの予約・試着・販売店の最新情報をお届けします!
Apple Watch販売価格
AppleWatchの価格について、発売されている全モデルを簡単にまとめました!