Apple Watchを買うと失敗しそうな人

こんな人はAppleWatchを買わないほうがいいと思います

Apple Watchに対する最大の誤解

 

「iPhoneでは出来なかった、何かすごいことができるんでしょ!」

 

というものです。

 

 

 

 

結論から言えば、「(ほんの一部例外はありますが)iPhoneにはできなくてAppleWatchでしかできないこと」というものはありません

 

 

ここだけをご覧になって「じゃあ買う必要ないじゃん!」と思われた方は、AppleWatchを購入されない方がいいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

(別記事で解説していますが)AppleWatchのグランス機能はとっても優秀なため、今までのようにiPhoneが振動するたびに指紋認証でロック解除して、毎回情報を確認する必要はなくなりましたし、

 

毎日の運動量を確認して、運動不足であれば帰りは1駅歩くというアクションにつなげることも容易に出来るようになりました。

 

iPhone Musicのリモコン機能があるので、一般のヘッドフォンを装着してても音量調整・曲飛ばしをiPhoneに触れずに行うこともできるようにもなりました。

 

 

これらはとても便利な機能なのですが、(ほぼ)同じことは(ひと手間がかかるだけで)iPhone単体でも出来てしまいます。なぜなら物理的にAppleWatchにしかできないことは、「心拍数測定」と「スタンド機能」だけだからです。

 

 

 

AppleWatchはiPhoneの利用を進化させ「もっと便利に生活を送る」ためのものであって、AppleWatchで何か全く新しいことが出来るというものではないのです。

 

 

Sponsored Link

 

 

ただし「出来ること」と「快適なこと」は別の話です。

 

例えば、iPhoneでもExcelファイルを編集するソフトはありますが、快適とはとても言えない操作性です。編集は「出来る」のですが「快適に」編集出来るわけではありません。

 

タブレットにはスクリーンキーボードを表示してブラインドタイプが「出来る」ようになっていますが、あの画面を高速ブラインドタイプすることが「快適」だと感じる人はいないでしょう。

 

 

 

AppleWatchを購入すべき6つの理由に記載したような、便利な機能・新しい世界の体験に興味がある方にはAppleWatchの購入をおススメしますが、そうでない方は購入を見送られたほうがいいのではないでしょうか。

 

 

関連ページ

Apple Watchを購入すべき6つの理由
「Apple Watchって何がいいの?」と周りから聞かれることが多かったので、AppleWatchを実際に使ってみてよかったことをまとめました!