Apple Watchでストレス解消&運動習慣づくり!縄文杉トレッキング

縄文杉いってきました!

YAKUSUGI

 

【まとめ】

 

・山中28km/9時間22分(休憩含む)は、やっぱり長い。(^_^;)
(半分の距離ならよくやってるのですが)

 

・もう1度来るか?と言われると、トレーニング目的以外では
 来ないと思う(それだけ今回で十分満喫しました)。

 

・街は晴れてるのに「山中は雨」を久しぶりに経験。

 

・お一人さま登山客は私一人。アウェー感半端ない。
 他の人達は(一人客でも)ガイドつけてました。

 

 ガイドつけるような難しいルートでは全くない
 &宿の人/レンタカーの人も/街の人達も
 「ガイドなくても大丈夫だよ」と言ってるのに
 なんなんだろう一体?

 

・替えシャツ持ってこなかったことを後悔しました。
(それほどに汗だくになりました)

 

・やっぱり、水分補給の度にリュック下ろすの面倒くさい!
(ハイドレーション持っていかなかったことを後悔(T_T))

 

・全面喫煙禁止(途中1箇所だけ喫煙出来る場所ありますが)
 という徹底ぶりが、自然環境保全になってて素晴らしい。
(喫煙者にはキツイですけど)

 

・わざわざ持っていった(東京から運んできた)熊よけ鈴。
 宿に戻ってから気付きましたが…
 このルートでは使用禁止だったようです(^_^;)
 理由は他の観光客の迷惑だから。

 

・ぼっち山登りには必須のはずの、イヤホン音楽。
 こちらも危険防止のために禁止でした。
(これも宿に戻ってから気付いた(^_^;))

 

・山中カップラーメンおいしかったー。
(バーナー大活躍です!)

 

・ほんの一部だけ急勾配ありますが、
 このルートは平地多めなので、初心者向けです。
 簡易リュック・軽装・上下ジャージ・運動靴姿の
(普段全く運動してなさそうな)高齢のおばさまたちも
 同じルート歩ききってました。

 

 

 

「一生の間に一度は行ってみたいけど
 まだ行ったことない!」という方は、少しでも若いうちに
行かれることをオススメします。

 

 

Sponsored Link

 

 

【以下、詳細版】 

 

まず、出だしでやらかしました。

 

4時起きで支度してたら⇒5時台のバスを逃す(T_T)
「仕方ないから次のバスまで時間つぶすかー」
と思って、朝のお弁当頼んでたお店に引き取りに行くと…

 

「どうすんの?もう今日はバスないよ。」

 

えっ?まだ朝の5時半なんですが
最終バスがもうないってどういうこと??

 

 

というドシロウト質問に
呆れ顔の店員さんが教えてくれました。

 

・屋久杉自然館に向かうバスは
 早朝の2便(4時台・5時台)だけ。

 

・あとは、タクシー使うっていう手もあるけど
 この時間に電話しても来てくれない。

 

・屋久杉自然館から荒川登山口(縄文杉入口)のバスは
 6時ちょうどが最終。その後のバスはない。

 

・【結論】今日は諦めな。

 

 

あー これはもう今日は行けないなー
(当日は曇り予報なので)晴れ予報の明日でもいいか。
今日は何しよう?宿でWiFi入るから仕事してればいっか。

 

と脳内シミュレーションをしていたら、なんと!

 

 

 

 

タクシーの運転手がお弁当を買いに来店!

 

この奇跡のようなタイミングを逃さずに
朝ごはんは後回し+そこから送迎を頼み込んで、

 

車を出してもらえました(*´∀`*)

 

 

 

バスを待つ間にお弁当を食べて
バスに40分ほど揺られて…

 

荒川登山口に到着!
といっても、これからスタートです(^_^;)

 

YAKUSUGIENTRANCE

 

 

Sponsored Link

 

トイレをすませて
トロッコ道(レールと枕木が続く道)をひたすら進みます。

 

YAKUSUGITOROCCO

 

 

途中でタンブラーに水を充填。
現地調達するつもりで(水なしで)来てたので
ここで朝ごはん分の水分もまとめて補給!

 

ほんと、うわさ通りに
あちこち湧き出てますねー 素晴らしい!

 

 

 

 

 

そして、高低差こそないものの
このトロッコ道(前半)は、枕木の間隔がまばらなので
とっても歩きづらい(T_T)

 

YAKUSUGITOROCCOMAKURAGI

 

 

枕木と、枕木の間との段差が少ないところなら
とりあえず足踏み出して着地しちゃえば何とかなるのですが、

 

段差があるとそうも行かず⇒スピード出ません。

 

平地なのに、往復10時間コースなのに、
こんなところでスピード出せないことが悔しい。

 

 

 

 

途中から、レールの真ん中に板が並ぶ道に変わり
ここからスピードアップ!
何度か、間違えてよろけたら落下しそうな、橋を通過しつつ
最初の休憩ポイントに到着。(小杉谷山荘跡)

 

YAKUSUGITOROCCOOCHIRU

 

 

ここまでの区間を往復するだけでも
十分に疲れると思うのですが…
まだ時間にして半分も来ていません(T_T)

 

 

 

万一、足が痛くなっても、怪我しても
日暮れまでに下山しないといけないので、
呼吸のペースに気をつけながら先を急ぎます。

 

 

 

三代杉・仁王杉・鹿・また鹿…
と見どころ満載なのに、スルーして先へ先へ向かいます。

 

 

 

で、到着したのが「大株歩道入口」
縄文杉方面の最後のトイレ&ルート上唯一の喫煙所。

 

YAKUSUGITOROCCOLAST

 

 

 

ここから急勾配なのですが、その入口に
「ここから縄文杉までの往復には4時間以上かかります。
 朝10時以降に登るのは絶対に控えて下さい」
なんてことがリアルに書かれています。
この段階で、手元の時計は9時半(笑)

 

 

タンブラーにお水たんまり補充して
急勾配に向かいます。
(本当の急勾配はわずか10分ほどで終わりました)

 

手袋持ってきてよかったー
と思うほど、岩に手をかける回数があります。

 

NOHANDKIKEN

 

 

ここからは有名なウィルソン株(中から上を見上げた写真)や
大王杉・夫婦杉といった巨木がありますが
先を急ぐため、10秒観光。

 

WILSONKABU

 

 

 

下りより登りの方が多いのですが
ここまで来ると…普通に息があがります。

 

息が上がったら深呼吸して、
5回に1回はザックおろして屈伸して水飲んで、
というのを何十回か繰り返します。

 

途中すれ違う人達に「あとどのくらい時間かかります?」
という質問をする度に、返答にがっかりすることを繰り返し、
(「あと1時間半くらいです!」とか言われると
 普通にゲンナリするのです)

 

 

そろそろ限界な気がする、というタイミングで
「もうすぐそこだよ!」というステキな回答をもらいました!

 

 

ついに到着!縄文杉!
正直、期待が大きすぎたため そこまでの感動はなかったものの、
達成感はヒトシオ(*´∀`*)

 

JOMONSUGI

 

JOMONSUGIKANBAN

 

 

 

後はこれを戻ればいいだけなんだ!
(といっても残りも14kmなんですけどね(笑))

 

と気持ちがずっと楽になります。

 

 

 

 

この時点で時刻は11時半前。

 

ELEVENTHIRTY

 

 

あれ?本当に看板から片道2時間かかってるじゃん。
ということは、オレ イマ ギリギリペース??

 

という危機感から、縄文杉から15分先にあるはずの
高塚小屋には向かわずに、引き返すことにしました。

 

 

 

そして途中途中の休憩スポットでランチ中の人達
の誰をみても、バーナー使ってないのです!

 

えーー 折角持ってきたのに!(しかも東京から縄文杉までw)
ナッツとドライフルーツで凌ぐしかないか。

 

 

 

と半ば諦めかけてた矢先に
バーナーでコーヒー作ってる山岳ガイドさん発見!(*´∀`*)

 

ここならバーナー使っても大丈夫なんだ!
と嬉しくなり、混んでるスペースにわざわざ混ざって
(かなりの迷惑だったことと思います…)

 

BURNERLUNCHTIME

 

 

 

いそいそとクッカーで沸騰させた水に
カップラーメン(リフィル用)を投入して3分!
待ちに待った山ゴハンタイムにほっこりしてると

 

通り過ぎる登山客から
「いいねー!おいしそうだねー」と声をかけられます。

 

オヒトリサマ登山(しかも周りは全員グループ)
というアウェー環境で誰かと会話をする貴重な瞬間も
楽しませて頂きました。

 

2匹の鹿が残飯狙ってましたが、ルール厳守で
ラーメンのスープは全て飲み干し
水でゆすいで(それも飲み干して)山には何も残さず。

 

たかがカップラーメンなのに
無茶苦茶、贅沢なヒトトキでした(*´∀`*)

 

さて次はコーヒーでも?
(ドリップ式のコーヒーまで持ってきてたので(笑))
と思って、時計を見たら12時過ぎ Σ(゚Д゚)

 

やばいやばい!そんな場合じゃないよ!

 

ということで、急いで下山。

 

途中で、別の方が雇ったガイドさんが
山の階段の下り方のレクチャーをしているスグ後ろを歩いてると
「下りは逆ハの字で足裏全体で着地して下さい。
 その際に、膝を曲げるのを意識的にやると疲れません」
というステキな情報を頂きました!!!!!

 

下りが苦手な私には、このアドバイスは
(私向けではないんですけどねw)
無茶苦茶助かります!

 

JOUMONSUGI-KUDARI

 

 

心の中だけで「師匠ありがとうございます!」
と唱えて、ちゃっちゃと抜いて先を急ぎます。
下り階段を師匠のレクチャー通りに降りると
確かに鵞足炎ポイント痛くならない!
すげー まじすげー!
と気を紛らわせて歩き続けますが、

 

そんなマヤカシでは誤魔化せないほど
大株歩道入口(行きの最後のトイレ)までの道のりは長いのです(^_^;)

 

 

相当苦労の末、到着!
トイレ休憩+タンブラーに水を満たし、喫煙所に行くと
行きに何度も遭遇したガイドさんにばったり。

 

あれ?こっちの方が先に縄文杉出発した
(+相手はお客さん連れてる)のに何で先に??

 

という私の表情を楽しみながら、ガイドさんいわく
「抜け道があるんですよー
 あの緑の人より先にトイレ休憩しましょう!
 ってみんなで頑張ってましたから(笑)」

 

 

山地図にない抜け道なんてあるんだー
というか、いつの間にか目印になってた(笑)

 

 

「でも、抜け道つかってない割には到着早いですね」
とも言ってたので、その抜け道
相当近道出来るってことだと思います。
(地図に乗ってない+標識出てないので
 ガイドなしでは行くべきではないと思います)

 

 

残りの区間はゆるい下りがひたすら続くので
膝をガードするため+スピード大幅アップのため
ここで初めてポールを使用開始。

 

やっぱりポール使うと安定する
+スピードが格段に上がりますねー!

 

途中から(その時は知らなかったので)
片耳だけイヤホンして音楽流しながら
前の人達をどんどん抜いて、
その後、途中で一度だけ
ドライフルーツ休憩して、
荒川登山口に4時10分頃に到着。

 

 

 

ここでの電池残量は
・iPhone:30%
・AppleWatch:60%
(両方とも朝5時から充電してません) 
iPhone:
ほぼ圏外だったのに(+NIKEの測定続けてたのに)
意外に電池もった。すごい!

 

Apple Watch:
やっぱりスポーツモードにしなければ全然電池もつ。
次回は心拍数測定し続けて電池もち確認します。

 

 

 

その後に携帯圏内になってから撮影したNIKE RUNNINGの計測結果

JOUMONSUGI-NIKE

 

 

 

本日のAppleWatchの運動量評価(宿に戻って充電してから測定)

JOUMONSUGI-APPLEWATCH

 

 

御興味がある方は是非、縄文杉往復ツアーやってみて下さい!
(私は道を急いだので、ちゃんと景色を満喫してませんが、緑に囲まれ、流量の多い川を何度も通りすぎる光景には とても癒やされますよー(あと大量の鹿も))


関連ページ

さらば寝るだけ休日!
Apple Watchを利用して週末を充実させましょう! 街へ出れば新しい発見と出会いがいっぱい。家で寝てるなんてもったいないですよ!
【実録】お花見ハシゴ
都内をお花見しながらウォーキングしてきました!桜の名所をハシゴしながら写真とって、おいしいものを食べてたら…22㎞。ある程度慣れてくれば22㎞も全然つらくないですよ!
山手線ウォーキングの旅(品川→池袋)22km
AppleWatchを身に着けて旅行に出かけています。今回は山手線ウォーキングの旅(品川→池袋)22kmをご紹介します!
山手線一周ウォーキングの旅 45km
AppleWatchを身に着けて旅行に出かけています。今回は山手線一周ウォーキングの旅(上野→上野)45kmをご紹介します!