座りっぱなしデスクワークに要注意!

座りっぱなし作業に潜む問題点

VISUALIZE

 

 

 

 

 

 

長時間座りっぱなしのデスクワークのために

 

  • 足の冷え/むくみがでる
  •  

    Apple Watch, 活用方法, デスクワーク, 座りっぱなし

     

     

  • 手/腕の筋肉が固まる
  •  

    Apple Watch, 活用方法, デスクワーク, 座りっぱなし

     

     

  • 太もも/おしりの筋肉が固まったり、痔になりやすくなる
  •  

    Apple Watch, 活用方法, デスクワーク, 座りっぱなし

     

    Sponsored Link

     

  • 肩/首にコリができる
  •  

    Apple Watch, 活用方法, デスクワーク, 座りっぱなし

     

     

  • 姿勢が悪くなる
  •  

    Apple Watch, 活用方法, デスクワーク, 座りっぱなし

     

 

という経験がある方は、意外に多いのではないでしょうか?

 

 

 

外科にいっても、接骨院にいっても、マッサージにいっても

 

「運動不足」や「同じ姿勢を長く続けていること」が原因です。

 

と言われるのですが、

 

 

 

そうは言われても、区切りがいいところまで作業を続けたくなるものなので
ついつい、長時間座りっぱなしになってしまい

 

 

気づくと2時間近く椅子に座りっぱなしという経験は
誰にでもあるはずです。

 

Sponsored Link

 

 

Apple Watchは、このような生活習慣も改善してくれるようです!

 

 

座った状態か、立っている状態かを常時、自動で判別して、

 

1時間あたり1分間立っていないと
「そろそろ立ち上がった方がいいよ」と教えてくれるのです!

 

 

1時間に1回、飲み物を取りにいくついでにストレッチをするだけで

 

血行がよくなり、老廃物の循環が進むことによって
「劇的に体の状態が改善される」と整体の先生たちは言います。

 

 

 

 

実際には、会議が長引いていて
立ち上がるわけにはいかない状況もありますが、

 

そういう時は意図的に気にしなければいいのです。

 

 

 

今までは「絶えず意識していないと座りっぱなしになってしまう生活」でしたが、

 

AppleWatchは「必要な時だけ(意識的に)座り続ければいい生活」を提供してくれるようです。

 

 

一見すると、些細な小さな機能に思われますが
このパラダイムシフトは、とても画期的なのではないでしょうか?

 

 

 

このように職場(学校)で小さな運動を積み重ねていきながら
通勤(通学)で、ちょこっとウォーキングにシフトしていくことをおススメします。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

軽い通勤ウォーキング
Apple Watchを活用して、日々の通勤・通学・買い物の中で、簡単にストレス解消しながら運動習慣作りができる方法をご紹介します!
必殺+1ウォーキング
Apple Watchを活用して、日々の通勤・通学・買い物の中で、簡単にストレス解消しながら運動習慣作りができる方法をご紹介します!